保釈金借りる|当日でも借りれる会社はこちら!

日常的に誤って逮捕されたり、知人が誰かと間違えられて逮捕されるケースも少なくないようです。そういう時は、すぐにでも保釈金を支払って釈放してもらい、その後の対策を考えていく必要があります。

 

ここで貯金があるのなら問題ないですが、手元に資金がない場合は、誰かから借りなければいけません。もちろん身近にお金を貸してくれる人がいれば問題ないですが、いない場合はキャッシング会社を利用しましょう。

 

ここで、お金を借りた場合は金利などが気になるところですが、しかし30日以内であれば無利息のところもありますので、そちらを紹介します。ちなみに、保釈金の手続きや納付が遅れてしまうと、釈放手続きも遅れてしまいますので、今日中に借りることができるキャッシングサービスを紹介します。

 

※プロミスやアコム・アイフルは、CMでも有名な大手の消費者金融になりますので安心してお金を借りることができます。まずはネットで審査を受ける必要があります⇒来店不要 即日融資キャッシング

 

保釈金借りる|保釈金を納めると保釈されます。

保釈申請を行い、許可されますと留置場から出ることができます。もちろんその前に保釈金を納める必要があります。つまり、請求された金額を弁護士か被告人の関係者が裁判所に設置されている指定の窓口に支払う必要があります。ここで弁護士に依頼する場合はその分の弁護士依頼費用もかかりますので、弁護士選びも大切です。

 

警察から連絡が入って、迅速に手続きを進めることができれば、当日中に留置場から出てくることができます。

 

もちろんこの時点で事件が解決されているわけではありませんので、無罪で捕まってしまった人は無罪を主張していき、その他の理由で捕まった人もきちんと自分の言い分を伝える必要があります。

 

ここで、保釈される前にいろいろと注意事項を説明されるわけですが、一番重要なことは、裁判所から出頭の要請があれば、必ず出向かなければいけません。そうすれば普通の生活を送ることができますが、住所を変更したり・中長期の旅行へ出かけることができなくなるようです。たしかに気分転換は必要ですが、事件が未解決のままで旅行へ行っても楽しくないかもしれませんね。

 

しかしこのような保釈期間は、裁判所の判決が下されると終了します。もちろん無罪であれば自由の身になれますし、執行猶予付きの有罪判決の場合でも自由の身に慣れます。

 

ここで保釈期間中に違反行為をしていなければ、保釈金は全額戻ってきます。戻ってきたら、キャッシング会社から借りていた場合はすぐに返済しましょう。たしかに30日無料で借りれる会社を紹介しましたが、保釈期間が30日以上かかるケースも想定されます。

 

ただし金利に関しては借りている金額もそうですが、借りる期間にもかなり大きく影響を受けます。ですので、つかまってしまった理由にもよりますが、30間を超えてしまいそうな場合は、あらかじめこの金額をこの期間借りた場合にいくら利息がつくのかを聞いておいた方がいいでしょう。

 

また担当する弁護士にも、この事件のケースだと、一般的にどのくらいの期間で解決されるのか聞いておくといいでしょう。

 

保釈金借りる TOP