保釈金とは?

ニュースを見ていると、逮捕された人が保釈金を払って解放されました、というような内容をよく見かけることがあります。

 

ここで勘違いしてしまうのが、保釈金を払うと、罪が帳消しにされたような印象を受けるところです。

 

また仮釈放という言葉があるように、釈放されたからといっても事件が解決されたわけではありません。

 

では保釈金とはいったいどのようなものなのでしょうか?

 

もちろん事件を起こして捕まった人もいれば、無罪なのに逮捕されてしまった人もいると思います。

 

そして事情聴取などを経て留置所へ連行されます。ここで無罪にも関わらず、事件が解決するまで留置所で生活するのは嫌ですよね?

 

また無罪判決を勝ち取ったのに、留置所での生活が長いと、社会復帰するまで時間がかかると思います。

 

そのために釈放制度があるようです。つまり釈放金を払うことで、拘束されている場所から解放され、日常生活に戻ることができるのです。

 

もちろん事件が解決されていないため、いろいろな条件が出されます。

 

こちなみに保釈金を裁判所に納めることで仮釈放になるのですが、金額はどのくらいかかるのでしょうか?一般的な保釈金の金額を調べてみると、100万円以上かかるケースが多いようです。

 

ただしニュースでも数千万円とか数億円で釈放という報道がありますように、人それぞれ、没収されてきつい金額設定になっているようです。

 

このように結構な大金になりますので、すぐに用意できる人は少ないかもしれません。
そこで釈放金を借りる、もしくは立替えが行われてるそうです。

 

ここで保釈金を払えばだれでも保釈されそうなイメージがありますが、裁判所から許可の下りない人もいるようです。

 

たとえば逃亡して証拠を隠滅しそうな人であったり、同じ罪で前回も捕まった経歴があったり、住所が特定されない人、釈放すると再度危害を加えそうな人などが挙げられます。

 

ただし弁護士と相談して、出られるケースもあるようです。そして保釈金とは正式には保釈保証金と呼ばれるもので、裁判所に納めることは納めるのですが、預かり金になります。

 

つまり保釈金を預けることで、必ず裁判所からの呼び出しがあれば出頭する義務があることになります。もしも裁判所からの呼び掛けに応じない場合は、保釈金が戻ってこなくなりますので注意が必要です。

 

弁護士費用もかかりますし、精神的にも苦痛ですので、その上保釈金まで戻ってこなかったらたいへんですので、事件が解決するまでは指定された条件を守って生活することが大切です。