留置場から出る方法

ここ最近のニュースを見ていますと、誤って逮捕してしまったという内容をよく見かけます。

 

「間違って逮捕されたのだから、無罪が判明して・解放されてよかったね」と思うところですが、当事者にとってみるとたまったものではありません。

 

TVでの特集を見ていると、無罪でも逮捕されてしまい・数日間会社を休んだだけで、会社の同僚から白い目で見られるケースも多いようです。

 

ですので、万が一無罪で逮捕されてしまった場合には、できるだけ早く無罪を証明して・社会に復帰する必要があるんだと思います。そこで留置所から出る方法について確認します。

 

逮捕の期限切れで釈放されるケース

こちらのケースでは、いくつかのいケースがあるようです。1つは、間違って逮捕されたことが分かったので釈放される場合です。

 

また、被疑者が容疑を認めているうえに、たしかな身元引受人がいる場合もこちらになるようです。身元引受人ですが、ご家族や親戚などが該当すると思います。

 

弁護士の手腕で勾留が取り消されるケース

検察が裁判所に対して勾留請求が認められると、逮捕の期限・72時間を超えても留置所にとどめておくことができます。

 

しかし最近では、このような勾留を弁護士の活躍で取り消す事例も増えているようです。

 

去年ではリーガルハイというドラマがたいへんヒットしましたよね?まさにそのドラマに出てきます敏腕弁護士というイメージもあります。

 

不起訴になって釈放される

相手方が起訴を取り下げるケースもあります。もしくは、和解金などを払って不起訴にするケースもあります。