逮捕のきっかけは?

TVやヤフーニュースを見ていると、逮捕者のニュースをよく見かけませんか?しかし日常生活の不注意で事故や事件になってしまうことがありますので注意が必要です。

 

ここで逮捕されてしまう事例で一番多いのは飲酒運転ではないでしょうか?

 

代行代やタクシー代をけちってしまった結果、事故を起こしてしまうケースはたいへん多いようです。しかも酔っ払っている状況ですので、人を引いてしまっても分からないケースもあるようです。

 

この時点で自動車運転過失致死罪となってしまううえに、ひき逃げをしてしまったら、救護義務・危険防止措置義務違反となってしまい、さらに重い罪となってしまいます。

 

ここでふだん道を歩いていて、肩がぶつかっただけで相手に怪我を負わせてしまう人もいます。この場合は罪とは思っていない人も多いようですが、こちらは傷害罪になってしまいます。

 

ここまで見てきますと、自動車に関しては飲酒運転をするべきではありません。

 

また傷害罪に関してですが、やっぱり人間ですので、会社での案件がうまくいかなかった、リストラされた、異性に振られてしまったなどの理由でストレスがたまってやってしまったという人もいるでしょう。

 

人生では魔が差す時もあると思いますので、そういう時こそ冷静に対処したいものです。

 

また電車に乗っている時は触ったさわらないなどのもめ事が起こることもありますので、満員電車では気をつけるべきです。

 

そのほかには、犯罪防止の特番が放送されていたので、2時間ずっと見ていたのですが、その中で当たり屋というものがありました。つまり自動車、自転車に乗っている人にわざとぶつかってお金を請求する行為です。

 

ふだん道を歩いていると、自動車や自転車でも危ない運転をしている人を見かけます。自動車に関しては曲がり角でも速度を落とさなかったり、通学路でも結構なスピードで走っているのを見かけます。

 

自転車に関しても車道を走っていたり、歩道をすごいスピードで駆け抜けていくのを見かけます。ですので、自分が運転をする際はそういう点に気をつけて運転したいですね。